2020.7.14 補助金・制度等の情報

中小企業のコロナ対策にも!幅広い経費に利用可能な新潟IPC財団「事業ブラッシュアップ支援補助金」のご紹介

新潟市の中小企業が利用可能な、新潟IPC財団による補助金「事業ブラッシュアップ支援補助金」をご紹介します。
「県の三密対策支援金は金額や経費の用途が限られているし……」
「市の店づくり応援事業の補助対象者には当てはまらないな……」
とお悩みの中小企業の方でも利用可能な補助金です。


新潟市内の中小企業のうち小規模事業者を除く事業者で、新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年1月からの任意の1ヶ月間の売上が前年同月比15%以上減少している方を対象としています。

補助金の内容

補助率 補助対象経費の3分の2以内
補助上限額 100万円
募集期間 令和2年7月1日(水)午前8時30分~8月7日(金)午後5時30分
対象経費 ①機械装置費、②広報費、③展示会等出展費、④旅費、⑤開発費、⑥資料購入費、⑦雑役務費、⑧借料、⑨専門家謝金、⑩専門家旅費、⑪設備処分費、⑫委託費、⑬外注費

弊社のブログでもお知らせしていますが、県や市などからも新型コロナウイルス関連の補助金・助成金が発表されており、対象者・対象事業や対象経費なども様々です。
本補助金は県の「三密対策支援金」より、規模の大きい事業者が対象になっています。
また市の「『新しい生活様式』に対応した店づくり応援事業」と比べると、支給額の上限が大きくなっています。

上記のとおり県や市の補助金で対象にならない経費についても対象となる場合があるので、あてはまる事業者様はぜひご確認ください。


※県・市の補助金については以下の記事を御覧ください。
▼ 【店舗のコロナ対策】新潟市補助金『「新しい生活様式」に対応した店づくり応援事業』が発表されました。
▼ 【三密対策支援金】新潟県より「新型コロナウイルス感染拡大防止対策支援金」が発表されました



この「事業ブラッシュアップ支援補助金」は事業者様の「創意工夫による事業のブラッシュアップ」を応援する目的から、幅広い経費に利用可能となっています。設備導入や工事に関してご検討の際はぜひ研冷工業にご相談ください。

▶︎お問い合わせはこちら!


ただし、申請には“「新しい生活様式」を踏まえた創意工夫があるか”など、コロナ禍において自社の既存事業をどのように強化していくかを説明した事業計画の策定が必要となっています。
採択は先着順ではなく審査で決定されるため、計画をしっかりと策定する必要があります。



その他、詳細については新潟IPC財団のホームページより資料等をご確認ください。
▼ 令和2年度事業ブラッシュアップ支援補助金 | サービス – 新潟市産業振興財団(新潟IPC財団)
https://niigata-ipc.or.jp/service/hojokin_shien/11251/


研冷工業ではお電話(025-281-4800)の他に、当ウェブサイトでもお問い合わせを受け付けております。
下記リンクもしくはページ最上部のリンクのメールフォームより、お気軽にご相談ください。

▶︎お問い合わせはこちら!


関連記事

小規模事業者様の販路拡大やコロナウイルス対応等に利用可能な「小規模事業者持続化補助金」について、「一般型」「コロナ特別対応型」とコロナウイルス対応として追加された「事業再開枠」をご案内します。

幅広い経費に利用可能な「小規模事業者持続化補助金(一般型・コロナ特別対応型/事業再開枠)」について